Materials Magic

HITACHI
ホーム > 製品情報 > 産業インフラ関連製品 > エネルギー > Ni系アモルファスろう材

産業インフラ関連製品

エネルギー

Ni系アモルファスろう材

概要

日立金属はアモルファス合金生産量No.1の会社です。
そのグループ会社である米国Metglas®社は、材料設計・超急冷技術をベースに、従来製法では実現できなかった箔帯(25.4~50.8μm)のアモルファスろう材を開発いたしました。

Ni系アモルファスろう材
特長
  1. Niペーストろう材では必要なバインダーを一切含まず、ろう付け用の真空炉を汚染することはありません。
  2. Niペーストろう材と比較して、ろう材使用量を大幅に削減できます。
    (コストダウンに貢献します)
  3. 曲げ加工やプレス加工も可能です。
  4. 最大215.9 mm幅での提供が可能です。
  5. 日立金属による技術サポート体制を整えています。
用途

プレート式熱交換器、EGRクーラー、排熱回収器、メタル担体等、
ステンレス鋼、鋳物、超硬等のろう付け及び液相拡散接合用

ラインナップ(PDF)

Acrobat Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(TM)が必要です。